インスタグラム活用方法

Instagram(インスタグラム)の活用方法について

instagram

Instagram(インスタグラム)活用方法

Instagram(インスタグラム)は無料で使える写真共有アプリケーションです。私が始めた何年か前は写真加工のアプリとして利用していました。現在では、写真だけでなく動画をアップロードすることもできるようになり、若い層のユーザーも増えています。ダイレクト機能を有効に使うことでユーザー同士が直接やり取りできるため、企業としてはお客様とのコミュニケーションツールとして利用していることも少なくありません。ビジネスプロフィールと個人用アカウントを使い分けてPRに役立ててみませんか。

「いいね!」のされた側の気持ちとしては、、

Instagram(インスタグラム)で自分の写真や動画に「いいね!」されたら、どうするでしょう。

誰が「いいね!」をしてくれたか見にいく可能性がある。
「いいね!」のお返しに見に来てくれた方が、あなたの写真を見る。
興味があった場合「いいね!」やコメントをくれる可能性がある。

投稿する画像はキレイなもの。または関心をひくもの。が、一般的。

スマホやiphoneのカメラ性能が上がり、アプリが充実したことで、綺麗な画像が多くなりました。

“せっかく「いいね!」をしてインスタグラムユーザーが閲覧しにきてくれたとしても、粗い、ぶれているでは1枚の画像だけで、商品価値を下げてしまいます。まずは1枚1枚丁寧に画像を撮り、投稿してみてくださいね。慣れてきたら画像加工にもチャレンジして投稿してみてくださいね。”というのがセオリーではないでしょうか。ぶれぶれの写真ばかりの投稿というのも他とは違いが出てくるので個人的には面白いと思います。

なんとなく投稿するより、戦略的に投稿したほうが良い場合があります。

どのような画像を投稿するか。どのようなテーマで投稿していくか。統一性をもたせる場合、他の投稿と紐づいているか。

投稿ひとつ一つに、ストーリー性を持たせる。
インスタ映えを意識する。インスタ映えを意識させて、ユーザーに商品を撮ってもらう。
ハッシュタグはたまに遊んだほうが良い。

必ず来る。インスタグラムの次。

SNSの動きはとにかく早い。それでも今はインスタグラム。そして次が登場します。